2017年02月21日

オーラに留まっている不要な信念と感情 神聖幾何学ヒーリング

昨日は台風のような強風が吹き荒れ、
交通機関にも影響が出ていました。

気象予報では、
「春二番」と呼ばれるそうですが、
春と結び付けて歓迎する気持ちにもならないほど
途方もない暴風でした、

あまりにも激しい風の中、
庭では、プランターや植木鉢、ガーデンフェンスなど、
いろいろなものが飛ばされていきました。

強風の中、片づけと見回りをしながら、
ふと、あることに気付きました。

風に対する「怖れ」がなくなっていたのです。

どんな方でも、瞬間風速いくらといった
台風並みの強い風か吹けば、
大丈夫かしらと少しは不安を覚えるかもしれません。

けれども、私の場合は、それとは違って、
大きな恐怖が湧いてくるのです。

振り返ってみると、
小学生の頃、それは始まりました。

当時、引越しをした先が、
周囲にあまり家が建っていない場所で、
しかも風をさえぎるような建築物が無く、
台風が来た時や春先などには、
強風によって家が吹き飛ばされるのではないかと
いつもパニックになりそうだったことを思い出します。

それ以来、風が吹くと同時に、
その不安と恐怖がじわじわと湧いてくることが
続いていました。

たまに起こることですし、
そのことで何か問題が起こっていたわけではないため、
あまり気にも留めずに
ここまで過ごしていたのですが…。

何年も続いていたそれが、
昨日、はっきりと消滅していることが分かったのです。

神聖幾何学エネルギーヒーリングによる
成果であることに思い至りました。

こうした不安や恐怖、恐怖のパターンなどは、
エネルギーフィールド(オーラ) に付着した状態で、
何年も、持ち運ばれます。

強風と結び付く不安や恐怖の場合、
実は、引越しをした幼少期ではなく、
それ以前に何かが起こっていた可能性が高いのです。

それは、言葉を変えて言えば、
カルマ的な出来事ということになります。

いずれかの過去生において、
強風と関連するトラウマ的な出来事があると、
その瞬間に、風が吹くことと怖れとが固く結びつき保持されます。

また、苦しみのさなかに何かを決断してしまうと、
それが強い信念となって、
転生を越えて持ち運ばれてしまいます。

神聖幾何学エネルギーヒーリングには、
こうした不要な感情反応や不要な信念など、
意図しないで作り出されてしまったオーラの付着物を、
量子レベルで全て取り除く
「オーラの浄化」ヒーリングと、
前世・過去生と今生のあらゆるカルマを一掃する
「カルマの解放」ヒーリングがあります。

通常は、クライアントの方々のご依頼に応えて、
セッションでこのワークを
頻繁にさせていただいているのですが、
折に触れ、自分自身にも使っています。

その効果が、今回の強風を体験することで、
図らずも確認されることとなり、
良い変化を実感することが出来ました。

トラウマ的な出来事があった時点へ戻っていって、
再体験しながら解放していくヒプノセラピーとは異なり、
エネルギーヒーリングでは、
マインドを経由することなく、
またマインドが介入する余地なく、
取り除くことが出来ます。

ある意味で、とても楽なプロセスになります。

エネルギーヒーリングは、
さまざまな種類のものを学び、実践してきましたが、
この神聖幾何学エネルギーヒーリングは、
本当に別格、別品です。

その素晴らしいところは、
努力が要らず、
プロセスがシンプルに進むこと、

ハイアーセルフの導きで進めるため
無理なく安全に受けていただけること、

その方にとって最適なペースで
統合され変容が起こることです。

今日ご紹介した強風への怖れなど、
日常のちょっとした問題から、
もっと深刻で重いお悩みまで、
どんなテーマであっても、
ワークすることが可能です。

もしも諦めていた問題があるならば、
一度お試しいただければと思います。

魂の癒し 神聖幾何学エネルギーヒーリング
posted by lotusblue at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギーヒーリング