2017年05月21日

見えないエネルギーの世界 霊媒体質とエンパス

先日、お越しになったクライアントの方は、

たいへんエネルギーに敏感な方で、

普通は見えないものを見たり、感じたり

されているということでした。


たとえば、ご自宅の中を歩き回る足音がして、

それが小さな男の子らしい…とわかったり、


夜、枕元に誰かが立っていて、それが数日間続き、

ある日、突然いなくなっていたり、


このようなことを、日々、体験されているそうです。


霊感が強いとか、チャネラー体質、霊媒体質などと言われ、

五感を超えた感性が開かれているタイプです。


これを読んで下さっている方の周囲にも、

このような体質の方が、何人かは

いらっしゃるのではないでしょうか?


エンパス、霊媒体質の方が、

そうであることに気付いていないと、

なかなか大変なことになりがちです。


なぜこんなに疲れやすいのだろう…?

なぜ、このことに、誰も気付かないの…?


…ということもあるでしょうし、


明らかにわかっている(と思っていた)ことを言ってみたら、

周囲の人々に驚かれ、

怪訝な顔をされてしまった体験があるかもしれません。


この世界が、エネルギーで満ちていること、

目には見えない世界があるということが、

自明である方と、そうでない方がいる現状は、

どちらの立場であっても、もどかしくやり辛いことです。


体験しているリアリティの違いを超えて、

相手を受け入れ、尊重し合うというハードルを

難なく飛び越えていかれたら良いですね。


エンパス、霊媒体質の方が、

目には見えない世界があるということを受け入れて

ご自分の特性・資質に気付かれ、自覚されたならば、

お勧めしたいのは、

積極的にエネルギー世界・霊的世界を探求することです。


入り口まで行って、引き返してしまったら、

怖れや居心地の悪さだけが、残りかねません。


でも、自分の資質を知り、見えない世界を探求していけば、

エネルギーの扱い方が、だんだんわかるようになり、

物理次元の生活が、もっと過ごしやすくなるでしょう。


見えないエネルギーの世界と、物理的な世界とが、

本当にひとところにあって、混然としていることがわかり、

なじんでいくにつれて、

世界や宇宙に向かう意識が、

純化され、統合されていくかもしれません。


所詮、ここは、物理次元だから、

見えないエネルギーなんて、感じないほうがよい…

とお思いですか?


物理的な事象が、

どれほど見えないエネルギーの影響を受けているものか、

おそらく私たちのの想像を超えて、

相互作用が起こっているはずです。


むしろ、まず見えない想念や意図があって、

その後に、物理的な形態がやってくると言ってもよいでしょう。


心の中で何を思っていようと、

頭の中で何を考えていようと、

外側の世界や目の前の相手には、

あまり関係がない…


そう思うことが、次第に時代遅れの認識になる時が

すぐそこに来ているのかもしれません。


思いが瞬時に周りに伝わり、

思いが瞬時に具現化する状態になる前に、


やっておいたほうが良いことは、

たくさんあるような気がします。



【ヒーリングタイムの最新記事】
posted by lotusblue at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーリングタイム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179811533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック