2016年04月10日

変わりたくないという執着を手放す 慈悲の冥想

ブッダと同時代に転生していたことのある(らしい)私は、
ブッダが発したとされる言葉に、たいへん心惹かれます。

(大乗仏教ではない)上座仏教には、
ブッダが生きた時代から受け継がれている
パーリ語の経典があり、
今、私たちは、幸運なことに、
日本語に訳されたものを読むことが出来ます。

先日、テーラワーダ上座仏教の
スマナサーラ長老のお話を
お聴きする機会がありました。

その中で印象に残ったのは、
執着を手放すこと。

たとえ話として挙げられたのは、
とても身近な例ですが、
上司に叱責されて落ち込んでしまった
会社員のエピソードです。

なぜ彼は落ち込んでしまったのでしょうか?

上司に叱られる以前の、
何事もなく平和な状態であった自分に対して、
執着をしているため…というのがその答えです。

人間は、いつでも変わらず
同じ状態でありたいと願い、
時にはそうあるべきだとさえ思っています。

そして、少しでもそれと一致しない事が起こると、
怒りや悲しみ、恨み、苦しみなどに
襲われ、とらわれてしまうのです。

ブッダの教えは、「諸行無常」です。

同じところに留まるものは無く、
同じ状態は続くものではない…

これを受け入れるのは、
なんと難しいことでしょうか?

癒しについても、
同じことが言えそうです。

私たちは、心身を癒したいと望みながらも、
心のどこかでは、
変わりたくないという思いを
持っているのかもしれません。

全ては移り変わり流れゆくものだと
本当に受け入れることが出来たならば、
どれほど気持ちが楽になれるでしょうか?

たとえば、時が流れつつあることは、
どんな人でも普通に受け入れられると思います。

加齢とともに、足腰が弱くなり、
視力や聴力が低下し、歯が抜け落ち、
物忘れが激しくなるのは、
一般的には受け入れ難く、
もの悲しいものです。

けれどもこれさえも受け入れることが出来たならば、
老いにまつわる不安が一掃されるでしょう。

また、ある時点で、自分にとって、
たしかに真実だと思ったことが、
時間の経過とともに、
もはや真実ではないものとなっていく…

それは恐ろしい気付きであるかもしれませんし、
喜ばしい発見となるかもしれません。

そうなったならば、
頑固にしがみつくことなく、
軽やかに手放していきたいものです。

一度、決めたことはやり遂げる…
そう心に決めていても、
人は日々、変容し、進化し、成長していきます。

相手も、世界も、同様です。

その時点で、本当にそのことが必要なことなのか?
魂が望んでいることなのかを問いかけて、
正直に答えを見つめ、受け入れていかれたらよいですね。

余談ですが、
壇上のスマナサーラ長老は、
まぶしいほどの光に包まれて
輝く紫のオーラがあまりにも見事で、
目を奪われてしまいました。

とはいえ、そのお話振りは、
たいへんロジカルで知的、ユーモラス、
カリスマ然としたところは全くありません。

ご存じない方のために、
テーラワーダの「慈悲の冥想」を
ご紹介したいと思います。

最初に
「私は幸せでありますように…」
と自分の幸せを願い、

次に
「私の親しい人たちが幸せでありますように…」
と願います。

次は
「生きとし生けるものが幸せでありますように…」
です。

ここまでは、多くの方々に、
抵抗なく実践していただけるのではないかと思います。

ここから少し難しくなります。

なんと「私の嫌いな人々も幸せでありますように…」と続き、

おしまいに「私を嫌っている人々も幸せでありますように…」
と願うのです。

いかがでしょうか?

心の中でもやもやしながら、
無理をして願うのでは意味がありません。

もしも今は難しいのなら、
それはそれとして…

いつの日か、心の底から
おしまいまで願うことが出来るようになったら、
唱えてみましょう。

詳細については、
日本テーラワーダ仏教協会HP
をご覧ください。

魂の癒し 叡智 愛 無限




posted by lotusblue at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しと進化

2016年03月24日

レイキヒーリングセミナーはその方のニーズに合わせて

レイキヒーリングセミナーについて、
ホームページをご覧いただいた方から、
開催日時についてのご質問をいただくことがあります。

レイキとは何か?
現代霊気法の特長は?
レイキヒーリングをどのように使っていくか?

などということは、
ホームページ上に詳しく書いているつもりですが、
肝心の日時については書かれていない…ということで
分かりにくいところがあるようです。
ごめんなさい。

実は、レイキヒーリングセミナーは、
ヒプノセラピーや多次元セラピーの
個人セッションと同じように、
マンツーマンのプライベートセミナーです。

すなわちその方のご希望の日時をお知らせいただいて、
空いていれば、ご予約いただけるのです。

セッションと同じですので、
つい詳しい説明を省いておりました。

なぜマンツーマンかと言いますと、
エネルギーワークやヒーリングに対する経験や知識、
過去の実践などには、
かなり個人差があるということです。

ご自分に対しても、ヒーリーに対しても、
ヒーリングをすること自体が、
全く初めてという場合もあれば、
アロマやタロット、カウンセリングなどで、
どなたかに既にセッションをされたことがある場合があり、

それによって、どんな点に注意したらよいか?
解説の詳しさやポイントには違いが生まれます。

出来る限りその方に合ったセミナーを
提供したいと思うため、
マンツーマンという形になりました。

ご質問には丁寧にお答え致しますし、
レイキヒーリングのフルセッションの手順や、
自己浄化と自己成長のワークなども、
納得がいくまでご一緒に行ってみることが出来ます。

レイキヒーリングにご興味を持ったきっかけというのも、
その方によって、実にさまざまです。

その目的や使い道に応じて、
適切に解説や実技をしていかれたらと考えています。

レイキに対して、まだ少し半信半疑…
という受講生の方もありますが、
どのあたりに懐疑的なのか、
疑問があるならば、
すっきりと解消もしていただけるでしょう。

レイキヒーリングを続けて10年以上経ちますが、
レイキは本当に素晴らしいものです。

この調和波動の癒しのツールを
一人でも多くの方々にお伝えし、
ご一緒に実践していかれたらと思います。

レイキやレイキの流派系統には、
少しわかりにくい部分もあるようですので、
何かわからないことや、
気になることなどがありましたら、
いつでもお気軽にお知らせ下さい。

初めての方には、
レイキについての説明とレイキヒーリングを含む
レイキ体験セッションもお勧めです。

レイキヒーリングとレイキヒーリングセミナー



2016年02月07日

レイキのアチューンメントはどこで受ける?

レイキについては、
ひところよりも情報が出回り、
関連図書の出版点数も増えています。

けれども、まだよくわからない、不透明…という部分も
多いのではないでしょうか?

セッションルームでお会いするクライアントの方々から
レイキについてのお話を聴いていると、
本当にさまざまなレイキセミナーがあり、
レイキのアチューンメントも多彩であると感心します。

レイキのベースには、たくさんの人々に広がり、
活用して欲しいという臼井先生の思いがあります。

それはたしかに真実ではありますが、
その一方で、安易な利用、濫用、誤用などを警戒したためか、
周囲のお弟子さんたちには、
長年に渡るトレーニングと実践が求められました。

今でいうレイキマスター養成のレベル4に相当する段階は、
慎重に選ばれた少数の方だけが入れる
狭き門であったようです。

ところが現在では、よく冗談で言うのですが、
石を投げればレイキマスターに当たる…くらい
数多くのレイキマスターが存在する状況となりました。

私がお伝えしている現代レイキでは、
どんな方でもレイキヒーリングを行えるようになりますが、
中継するレイキの質は、
その方の人格・霊格によると言われています。

つまりレイキのアチューンメントを受けた時点が、
レイキヒーリング実践のスタート地点となり、
そこから、いかに自己浄化と自己成長を目指して
たゆまず進んでいくかということが、
何よりも重要となるのです。

レイキマスターを名乗るのは、レイキセミナーを
レベル1から4まで受講すれば、誰でも簡単に出来ることです。

問題は、その中身が、
マスターの肩書きにふさわしいものとなっていくか否か…
…ということになるでしょう。

なかなか厳しい道ですが、
スピリチュアルな進化を望む方にとっては、
当然、自然なこととも言えるでしょう。

もしもレイキを学んで、
レイキヒーリングをしたいと思われたならば、
どこで、誰からレイキアチューンメントを受けるかを
検討することになります。

直感で選んだり、ホームページを熟読して比較検討したり、
選択方法はその方によって異なるでしょう。

レイキのアチューンメントは、
まともなレイキマスターであれば、
遠隔では絶対に行いませんので、
物理的な距離や条件、
人柄、時間と料金なども大切です。

そしてそこからは、エネルギーや波動といったことも
少し感じてみると良いかもしれません。

家柄や血筋というものがあるように、
魂にもソウルファミリーがあり、霊統があります。

高波動の素晴らしいレイキマスターであっても、
どことなく違和感を覚えることはあるでしょう。

何人かの方から、
かつて受けたアチューンメントが
その方に適合していないため、
否定的な影響が及ぶことがあり、
アチューンメントを消去したことがあると
お聴きしたことがあります。

私は、幸い経験がないのですが、
こんなことも起こるようです。

前世・過去生のカルマによって、
ヒーラーとヒーリー、先生とお弟子さん、
アチューンメントをする側と受ける側となり
今生で再び出会うことがあります。

それは、ある意味で自然に起こり、
避けられない流れとなるでしょう。

巡りあわせや人との出会いとは、本当に不思議なものです。

私は現代霊気法のレイキマスターとして、
レイキセミナーでアチューンメントをさせていただいていますが、
セミナーにお越しになる方とは、
どの方とも、深いご縁を感じます。

その中には、明らかに前世・過去生で
出会っていた相手だとわかることもあります。

前世・過去生では、お互いを傷つけ合う
不調和なつながりがあったということも、
何度かありました。

その不調和が調和に導かれるための、
カルマバランスの場として、
レイキセミナーでの再会が計画されていることがあるのです。

一人のレイキマスターを選んだことが、
その方にとって、失敗だった、
止めておけばよかった…という結果になったとしても、
その背景には、魂同士の合意や
カルマ・ダルマが存在しているかもしれません。

それは魂の望んだことであり、
その先へ進んでいくことに役立つステップです。

私たちに出来ることは、レイキに限らず、
日々、出会う全ての人と、最善・最高の自己として接し、
より高い次元のつながりを意図することに
尽きるでしょう。

レイキヒーリング、レイキの実践でスピリチュアルな進化を目指す